おなか周りのダイエットには腹斜筋を鍛える腹筋運動がおすすめ

ダイエットをして体重を落としても、なかなかおなか周りの脂肪が落ちないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
昔は適度に引き締まっていたおなかも、年をとるにつれてぜい肉でたぷたぷしてきたと感じている方もいます。
ダイエットを成功させておなかを引き締めたいと思うならば、何をすれば期待した効果が得られるでしょう。
体へのダイエットもしながら、おなかの脂肪を取り除くためのダイエットをしてみるといいでしょう。
ダイエットのために、自宅で筋トレを続けているという人がいます。
腹筋運動もダイエットには役立ちますが、よりおなか痩せを目指すなら、腹斜筋を使う腹筋が効果的です。
途中までは腹筋の運動と全く同じですが、体を起こす時には上半身を斜めにして捻り運動を加えます。
通常の腹筋のやり方と同じように、膝を立てて上体を倒した状態にしたら、まずは右肘を左膝につけるイメージで体を起こしましょう。
左肘を右の膝に近づけるようにしてから、もう一回運動を行います。
腹斜筋は右と左に一つずつありますので、左右交互に運動をします。
いつもの腹筋と比べて厳しい腹筋運動になってしまいますが、その分筋肉が強化され、体脂肪を燃焼しやすくなりますので、早くおなかを引き締めたいという人にお勧めです。
ダイエットを頑張る以上は、ただ体重を減らすのではなくて、こうなりたいと思っている自分の姿を目指したいものです。
腹筋運動に、腹斜筋を強化する動きをプラスすることで、おなかを効率的に引き締めましょう。